web制作におけるSubversionによるバージョン管理(1) – 仕様・事前確認

web制作 アプリケーション別 Subversion

広報:齊藤 メイ 広報:齊藤 メイ

Posted on 2009年11月04日(水)23:44
Updated on 2015年07月18日(土)12:23


web制作におけるSubversionによるバージョン管理(1) – 仕様・事前確認

Subversionは制作物のバージョンを管理できるバージョン管理ソフトウェアです。 webサイト制作の現場において、バージョン管理がどこまで浸透しているのか 正確な所はわかりませんが、正直あまり浸透していないのではないかと思っています。 ここではweb制作におけるバージョン管理方法に限定して解説します。 本日は「web制作におけるSubversionによるバージョン管理(1) - 仕様・事前確認」についてです。

こんにちは。猫ITソリューションズ広報の齊藤メイ(♀)です。 本日は、「web制作におけるSubversionによるバージョン管理(1) - 仕様・事前確認」についてです。

以下サイトを参考にしました。 貴重な情報に感謝いたします。
ファイル名の文字コードを変換するには
Subversionを ssh 経由で使おう(ApacheもWebDAVも必要ないよ) - ひげぽん OSとか作っちゃうかMona-
nDiki: TortoiseSVN と svn+ssh (2004-07-26)

webサイトのコンテンツデータのバージョン管理をするのが目的。 コミット後に自動でテストサーバーのドキュメントルートにも変更内容を反映させるのが、 webサイト制作ならではです。

本番サーバーへの反映は色々ありますので、現状では手動とします。 データの流れは以下の通り。

●クライアントPC
↑↓
●リポジトリ
↓自動複製
●テストサーバー(作業コピー)
↓手動複製
●本番サーバー


リポジトリはサイト単位で作ることとする。 構成は以下の通り。

構成は以下の通り。


そして例のごとくで恐縮ですが、猫ITソリューションズにおける運用記述をそのまま書いてあるところがありますので、置き換えて参考にしてください。


作業コピーデータの確認

ファイル名がShift_JISのファイルをsvnインポートしようとすると、エラーが出てしまう。 元々UTF-8環境が基本なのでShift_JISにこだわる理由はないので、全てUTF-8に変換する。

※ただしSubversion上では日本語ファイル名というだけでチェックアウトに失敗するときもあるので、この操作は解決にはならない可能性があるので注意。

convmvのインストール

 

作業コピーディレクトリへ移動

 

テスト

 

実行

 

確認



次回は「web制作におけるSubversionによるバージョン管理(2) - インストール・設定」についてです。


いかがでしたでしょうか?
猫ITソリューションズは、飼い主の皆さんにITを活用しあらゆるシーンで的確なアドバイスをいたします。それではまたお会いしましょう。

web制作におけるSubversionによるバージョン管理(1) – 仕様・事前確認

see you!

 

本件に関するお問い合わせ先

猫ITソリューションズ

049-290-8502
お問い合わせフォーム



Member Profile

広報:齊藤 メイ

埼玉在住の三毛猫です。趣味は日向ぼっこ、好きな猫缶はカツオ系です。仲良くしてくださいね!

Facebook
Twitter

代表:齊藤 智宏

埼玉在住のWebデベロッパーです。80's洋楽、映画、レトロゲームが大好きです。よろしく!

Facebook
Twitter

Contact

ご意見、ご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせ内容の確認後、担当者よりご連絡させていただきます。

049-290-8502
お問い合わせフォーム